トップページへ 商品紹介 プレスリリースへ 会社概要へ お問い合わせ
イノポケットのページへ
ピーディーエアーのページへ
ミヤビックスブランドのページへ
markspace
radtech
SPI
 
 
tkc
>>tkcの全製品を見る
本製品は2005年9月30日をもちまして販売終了となりました。
tkcExpense-J V3
(tkcExpense 日本語版 バージョン3: SL-C3000,C860,C750,C760用)

zaurus マネー管理のやり方は人それぞれ
たとえばある人はひとつの財布ですべてを管理しています。別の人はそれぞれの目的にあった財布をいくつも持っているかもしれません。一つの財布に円紙幣とドル紙幣を一緒に入れておくのが安心という人もいれば、通貨ごとに財布は分けなきゃイヤだという人もいるわけです。また、現金支出とカード支出はきっちり分けて管理したい、プライベートとビジネスと別々の財布を持っている、海外旅行の出費は通常のお小遣いとは別に管理しておきたい、誰にも知られたくない秘密の支出がある、などなど・・・まさにマネー管理はライフスタイルと一緒で人それぞれ千差万別です。本アプリケーションはそのような多様なニーズに出来る限り柔軟にこたえるべく設計されました。

海外旅行、出張にも
02 たとえばビジネスマンの海外出張、プライベートな海外旅行や留学など、 現代は様々な国、地域の通貨を使用する場面がますます増えてきています。円とドルを使う都合がある場合、円なら1,234円、ドルなら小数点以下を表示して43.21ドルなどと表示形式は実際の通貨事情に忠実に再現させたいものです。このアプリケーションは複数の通貨とそれらに対する表示形式を個別にカスタマイズできますのでその点は抜かりありません。



03 支出登録の手間を短縮
家計簿や小遣い帳などをつけていらっしゃるユーザ様ならご存知のとおり、マネー管理を実際やってみると、毎日とか毎週のように発生する決まったパターンの支出が意外なほど多いことに気づかされます。よくある支出内容をテンプレートに登録、呼び出し、たとえばその都度の額面金額だけ入力すればいいようにしておく。 tkcExpense-J V3なら可能です。

04 ・・・な出費だったら
誰しもちょっと自分以外の人に知られたくない出費をしなければならないケースが発生する可能性はゼロではありません。そんなときにもやはりどこかに記録を残しておきたい場合があります。支出帳にパスワードを設定しておけば、tkcExpense-J V3を立ち上げても、パスワードを入力しなければその支出帳を見ることが出来ません。


分散管理も魅力
05
tkcExpense-J V3 ならではの強力な特徴に「複数支出帳の管理」があります。文字通り、別々の財布でそれぞれのマネーを管理するイメージとしてとらえていただければ幸いです。それぞれの支出帳はSDカードやCFカードにも格納できます(*1)。ただでさえ消費されがちな本体メモリを節約できるというあんばいです。SDカードごとに違う支出帳を作って、局面に応じて差し替えて使用するという利用方法、つまりデータを物理的に本体から切り離しておくことが出来るなどの副次的効果もあります。

まずはその使い心地を

今回、前バージョン(V2)同様に、デモ版をご用意させていただきました。
こちらのページからダウンロードが可能です。
デモ版をお試しいただき本アプリケーションの仕様、性能をお確かめいただき、ご納得いただけたあかつきには是非とも製品版のご購入をご検討ください。

デモ版の使用制限:
取り扱える支出帳は2個、支出レコードは3個まで。支出帳マネージャの一部機能は使用不可。

(*1)本アプリケーションプログラム自体は本体メモリ(または本体プログラムエリア)にインストールして使用せねばなりません。

重要なご注意:
すでにV2の製品版をご使用されている正規ユーザ様がV3(デモ版もしくは製品版)をインストールする場合、データ移行(既存データの保全を含む)に関する注意が必要です。同梱ドキュメント類を必ずご参照ください。


本製品の販売・最新情報はこちらをご覧ください。

動作保証・動作条件:
PXA255, 400MHz以上のCPU、およびSDRAM64MB以上を搭載したSharp純正カーネルのLINUX Zaurus(Zaurus SL-C3000,C860,C760,C750)
インストール時に必要な本体メモリ空き容量 … 約3.5MB