トップページへ 商品紹介 プレスリリースへ 会社概要へ お問い合わせ
イノポケットのページへ
ピーディーエアーのページへ
ミヤビックスブランドのページへ
markspace
radtech
SPI
 
 
tkc
>>tkcの全製品を見る
本製品は2005年9月30日をもちまして販売終了となりました。
tkcCard-J V3
(tkcCard 日本語版 バージョン3: SL-C3000,C860,C750,C760用)

本製品はリナックスザウルス用のデータベースアプリケーションです。
ここではその様々な機能のうちからいくつかを説明します。

この時代の情報カード まだ、パソコンが普及していなかった時代から日本人に馴染み深いデータ活用ツールといえば情報カードが有名でした。一枚一枚の紙のカードに同じ書式で記録されたそのスタイルは、整理されていてこそ情報は価値あるものだということを使う人に実感させたものでした。tkcCard-J V3 の設計思想には、そんな往年の傑作ともいえる紙のパーソナルデータベースを、超美麗高精細液晶のザウルス(*1)上で文字通り情報化社会である現代にふさわしく、より洗練された形で実現しようという思いが込められています。これから自分が手塩にかけて作るカードを存分に活用してください。

何もかもがデータベース 
たとえば趣味のCDコレクションや、ひいきのチーム選手データだとか、仕事上の相手先情報、社内での人員管理、フィールドワークのレベルブックがわりにとか、アフターファイブのお店情報とか、自分専用のビジュアル辞典をつくるとか・・・整数、テキスト、日付などの基本的なものはもちろん、チェックボックス、画像にいたるまで様々なデータタイプに対応したtkcCard-J V3 ならちょっとしたユーザ様のアイデア次第でザウルス上でいろいろなデータベースが作れます。四六時中肌身離さず持ち歩くザウルスに情報を詰め込んで、さっと取り出し参照したりデータを書き込んだりと、思う存分活用してください。

データベースを分散管理 
tkcCard-J V3 ならではの強力な特徴に「データベース(各カード)の分散管理」があります。それぞれのデータベースは本体メモリ(C3000の場合は本体ディスク)のみならずSDやCFといったメディアに個別に格納できます(*2)。一例を挙げれば、仕事用、プライベートなど、SDメディアごとに違う用途のデータベースを格納して、局面に応じて差し替えて使用するという利用方法、つまりデータを物理的に本体から切り離しておくことが出来るなどの副次的効果もあります。(*2)それぞれのデータベースにはパスワード保護もかけれますので安全(*3)です。

柔軟性抜群のインポート/エクスポート
 パソコン上で利用していたMS ACCESSなどの既存データをtkcCard-J V3 に取り込んでしまいましょう。既存データをいったんCSVファイルに変換しておいて、ザウルスに移し、各フィールドのデータ型を指定してそっくりインポートする。tkシリーズで定評のあるパワフルかつ柔軟性のあるCSVインポート機能で既存資源を有効利用できます。また、JFile形式、MobileDB形式ファイルはtkcCard-J V3 ダイレクトインポートも出来るのでPalm系のPDAユーザ様は、たとえばPalm機種からリナックスザウルスに乗り換えた場合など、持っているデータがあれば無駄にせずにすみます。また、その逆も当然簡単です。エクスポート機能でtkcCard-J V3 で作成したデータベースを簡単にCSV形式ファイルとして出力することが可能です。イザというときのバックアップ代わりになることはもちろん、CSV形式ですので使いみちはユーザ様次第でいくらでも拡がるでしょう。

喜べるレポートビュー レコードを単票形式で一ページづつ閲覧できるのがレポートビューです。レポートビューでは各レコードの画像フィールドに指定した画像が表示されますので、写真入りデータベースとして最適です。たとえば、極私的な図鑑だとか、友人の住所録などが顔写真つきで作れてしまうわけです。機会があれば友達や彼女、ご家族に見せびらかしてください。レポートの背景や、フィールドの表題と内容それぞれに自分の好きな色を指定できますから、見ているだけで楽しいデータベースが実現します。味気ないインタフェースにはうんざり、という方に朗報です。

確かめてください
 こちらにご紹介できたのはtkcCard-J V3 の機能のあくまでも一部です。全ての機能を知っていただくには残念ながら紙幅が足りません。一人でも多くのユーザ様にお試しいただきたく、無償のデモ版をこちらにご用意させていただきました。百聞は一見にしかず。まず、実際に使用していただくことで本製品の魅力をご堪能ください。ご納得いただけたあかつきには是非使用制限なしの製品版のオーナーとなっていただければ幸いです。

デモ版の使用制限: 作成できるカードは2個まで。それぞれのカードに対し作成できるレコードは10件まで。 データインポート機能、カードの複製機能等使用不可。試用稼動期間は30日間。

(*1)Zaurus SL-C3000,C860,C760,C750機種 (C700は動作保証対象外)
(*2)本アプリケーションプログラム自体は本体メモリ(または本体プログラムエリア)にインストールして使用せねばなりません。
(*3)本アプリケーション上でデータベースを開く際のパスワード保護を意味します。ザウルス本体からのデータの漏洩防止や安全性等を保証するものではございません。

重要なご注意:
すでにV2の製品版をご使用されている正規ユーザ様がV3(デモ版もしくは製品版)をインストールする場合、データ移行(既存データの保全を含む)に関する注意が必要です。同梱ドキュメント類を必ずご参照ください。

本製品の販売・最新情報はこちらをご覧ください。

動作保証・動作条件:
PXA255, 400MHz以上のCPU、およびSDRAM64MB以上を搭載したSharp純正カーネルのLINUX Zaurus(Zaurus SL-C3000,C860,C760,C750)
インストール時に必要な本体メモリ空き容量 … 約4MB